ラベンダーのサシェの作り方

ハンドメイド

ラベンダーの香りって癒されるよね♪

いつでも香りに満たされる♪ラベンダーのサシェを作ってみよう!

まずラベンダーをドライフラワーにします。

ラベンダーは晴れた日の午前中に摘み取りましょう。
出来れば前日も晴れていた方がいいですね。

刈り取るタイミングは、花が少し咲き始めた時がベストです。
なぜなら香り成分濃度がもっとも高くなるのは、開花直前だからです。

咲く直前のラベンダーも可愛いね

そしてラベンダーは蒸れに弱いので、株をスッキリさせる為にも、
なるべく茎は長く摘み取りましょう。

ラベンダーの葉っぱや汚れを丁寧に取り除きます。
葉っぱからもいい香りがするので、作業中もいい香りに包まれます。



全部の葉っぱが取れたら、10本程度に分け、麻ひもで結びます。
一度にたくさんを結ぶより、乾燥が早いです。
乾燥がすすむと水分が抜け、細くなって、
スポッと抜けちゃうので、しっかり結びましょう。

風通しが良く、直射日光が当たらない場所で、ラベンダーを乾燥させます。
見た目は良くないですが💦リビングに吊るしたら、
フワッといい香りがして、家族に好評でしたよ。

乾燥が進むとカサカサになり、手で軽く触るとポロっと落ちてきます。
この状態になったら、花を摘み取りましょう。

摘み取った花は、お茶パックに入れます。
お茶パックは、100均にも売っています。

これを小袋にいれたり、ハンカチに包むと、
サシェの出来上がりです。
ラベンダーオイルを1滴たらすと、香りが更に長持ちします。

とってもいい香りで癒されます♪

蒸し暑くなるこれからの時期、玄関先やベッドの隣に
ラベンダーのサシェがあったら、
良い香りに包まれますね^^

番外編

私は「優しいレース編み」の中から
かぎ針でコースターを2枚編みました。
発行日は2011年2月になっていて、少し古い本ですが
編み方プロセスを写真で丁寧に解説してくれているので
初心者の方にもおすすめです。


河合真弓さんの本は、いつも「可愛い」が
たっぷり詰まっています。

ラベンダー色のリネンの糸で、モチーフを2枚編みました。
中にラベンダー入りお茶パックをはさみ、リボンを結びます。

手元に本がなくても、ネットで検索すると、
無料の編み図がたくさんありますので、
お好みの形で編んでみると、楽しいと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました