ニットマルシェ2020秋冬号【ポケットつきセーター】 編みやすくておすすめ

編み物

こんにちは、Ruanルアンです。


先日、ふらっと立ち寄った本屋さんで、パラパラと見ていたら
セーターや小物が、すっごく可愛い♪
「編みた~い」とウキウキ^^

ニットマルシェ2020秋冬号を購入しました👇

読み進むにつれ、「編みやすくて着やすいナチュラルニット」
まさにその通りです!!

今はざっくりとしたオーバーニットが流行っていますよね。
極太ですいすい編めちゃいそうな作品が
たくさんありました。

その中から私が編んだのは、ポケットつきセーター
ビッグニットで可愛いし、すいすい編めそう!

本の中では段染めグラデーションの糸でしたが、
私はずっと眠っていた在庫の中から選びます。
いつか編もうと購入してから、ずっとお家にいたのです💦

Ruan
Ruan

やっとこの毛糸が使えるな~♪

割と太目の糸ですが、極太ではないので
2本どりで編んでいきます。
生成りの色が好きなので、偶然にもどちらも同じ色でした♪

このセーターのデザインは、サイチカさんです。
サイチカさんのを編むのは、初めてですが
袖のかのこ編みが、すごく可愛いですね。
本の中には、サイチカさんのアトリエの紹介もあって
すごく素敵でした。

ナチュラルな糸がズラッと並べられているのが
とてもキレイで、サイチカさんの人柄を感じました^^

サイチカさんの「間違えてもほどけるから編み物は楽しい」
言葉通り、実はこのセーター、何度も編みなおしたんです💦
久しぶりのセーターに苦戦しました(笑)
何とか形になってくれて、ホント嬉しい~!!

ラグラン線のセーターを初めて編んだので、
すくいとじをする時に、???がいっぱいになりました。
(私は、独学で編んでいます)


このやり方がいいかは、わかりませんが
前身頃と後ろ身頃を合わせて、
下から脇に向かって、すくいとじ⇨そのままラグラン線沿いに袖をつける
袖の手首から脇に向かって、すくいとじ⇨そのままラグラン線沿いに袖をつける
で、一気にすくいとじしました。

ラグラン線のセーター、スッキリしていていいですね。
もっと編みたくなりました。

襟は本とは少し変えて、かぎ針で細編みを3段で仕上げました。
自分の好みに変更できるのも、ハンドメイドの楽しい所ですね。

ポケットもつけて…完成です!

おしりも隠れる長さです。

スカートに合わせたら、こんな感じ👇
ベルトをしてもいいかも!?

う~んと昔に購入してから、久々のニットマルシェでした。
シンプルだけど、可愛い編み物がたくさんでした♪

表目と裏目だけで難しい編み方がないので、
セーターを初めて編む方でも、
このポケットつきセーターは編みやすいと思いました。

久々にセーターを編む方にも、
チャレンジしやすいのでおすすめです♪

ニットマルシェの他の作品も編んでいます。
またブログにも書いていきますね^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました