思わず笑っちゃう料理本 カレンの台所

雑記

こんにちは、Ruanです。

毎日のお料理、マンネリ化しませんか?
私は献立を決めるのに、いつも悩んでいるかも(;^ω^)

そんな時は料理本を参考にすることが多いのですが、
先日、目からウロコな料理本と出合いました♪

滝沢カレンさんのカレンの台所です。

いわゆる普通の料理本とは、全く違います。
ざっくりした材料は書いてあるものの、分量は書いてありません^^

  • 例えば…
    • 塩胡椒むせるくらい
    • パサパサ粒の鶏ガラスープを片手で楽しめる程度
    • マヨネーズを宝石を一粒添える程度
    • ドボドボのドボくらい

わかるような…わからないような…
でも何となくわかる!(笑)

  • 作り方も…
    • どうにでもなれという気持ちで入れます
    • 無邪気にこんちくしょうと混ぜてください
    • いってこいの後押しで油へ
    • アクセサリーをつけるくらいの気持ちで

いわゆるカレン節が盛りだくさん。
独特の表現が面白いです!

鶏の唐揚げとかハンバーグとか、
いつも作ってる定番メニューでも、カレン節だととっても新鮮。

キッチリ計量して作るのは、めんどくさい
いつもとは違った料理本が見てみたい
楽しく、ゆるく作りたい

そんな方には、おすすめの料理本です。

読みながらクスッと笑ったり、
難しいこと抜きにして、こんな風に作ってるんだ~
と参考になりました。

タルタルソースの中にたくわんを入れるのは、
今度作ってみようと思います。

いつのまにか義務の気持ちで作るから、
時々しんどくなってしまうけど…

料理って楽しいものだったな♪

と、気付かせてくれる、そんな料理本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました